MLM(ネットワークビジネス)とは

マルチ商法、連鎖販売取引とも呼ばれています。
特定商取引法の連鎖販売取引に規定されます。
被害者が出る等、社会的に問題になった会社もあります。

MLMの歴史

諸説ありますが、アメリカのホリデーマジック社が昭和40年代に日本上陸したことが日本での始まりとされています。
アメリカにおいてはシャクリーとアムウェイが始まりとされる説が多くあります。
無店舗の代理店販売方式の通称・ブレイクアウェイ方式が始まりとされています。ブレイクアウェイ方式の特徴は、毎月のノルマが存在することにあります。ノルマによって仕切率が変動し利益が変動するシステムです。

MLMのメリット

①少ない金額でビジネスを始められる
比較的少ない金額でビジネスを始めることができるため、ご自分でビジネスを始めようとする人にはとても良い実践的な勉強になると思います。
②良い商品を安く手に入れられる
一次卸、二次卸などの複雑な流通経路がなく、メーカーからの直接仕入れなのでコストを削減できます。
③グローバルな仕事ができる
また、世界各国で同じようなビジネスが展開されているので、グローバルな活動ができます。
④権利収入を手に入れることができる
何人かのMLM成功者の方たちの中には、現状において何も活動をしていないにも関わらず、一定の収入が入っている方もいます。
⑤年配の方や障がい者の方ができる
健常者の人との差別なく仕事を得るチャンスがあります。

MLMのデメリット

①金銭のリスク
少ないとはいえ、毎月いくらかの商品を購入しなくてはいけないというリスクがあります。マルチレベルマーケティング自体が、特定商取引法に規定され、必ず利益を与える代わりに負担をするという決まりがあります。その負担とは、会費もしくは商品購入代等のことです。自分で会社を起こしたりお店を開いたりすることにくらべれば小さいお金ですが、このような負担があります。
②人脈のリスク
マルチレベルマーケティング自体が口コミ系のビジネスである以上、自分の周りの人に声をかけていかなくてはならないため、友人や知人を巻き込んでいき人間関係を壊すということがあります。
③ポジションのリスク
マルチレベルマーケティングは学生や公務員、大手企業で禁止されており、また士業の人も禁止されています。
すなわち、マルチレベルマーケティングをすることによって学生ならば退学、サラリーマンならば退職というリスクがあります。
また、マルチレベルマーケティングの場合、他社に移動した場合(アムウェイからニュースキンなど)、以前のポジションや収入がゼロになるという事例が多々あります。
これらを踏まえて、大番利一先生にMLA(マルチレベルアフィリエイト)の長所をお聞きしました。

MLA(マルチレベルアフィリエイト)の長所

上記のMLM(マルチレベルマーケティング)のメリットはMLA(マルチレベルアフィリエイト)の長所でもあります。
また、MLM(マルチレベルマーケティング)のデメリットはMLA(マルチレベルアフィリエイト)では一切ありません。
①金銭のリスク
全て無料で始めることができます。毎月のノルマも存在しません。
②人脈のリスク
MLM(マルチレベルマーケティング)のような友人に声をかける方法だけでなく、インターネットという方法を用いて広く人を集めることが可能です。
③ポジションのリスク
アフィリエイトという性格上、学生や公務員、大手企業などのほとんどの企業のサラリーマンがサイドビジネスとして可能です。

さらに詳しく!

MLA(マルチレベルアフィリエイト)とは
MLA(マルチレベルアフィリエイト)の最大の魅力
アフィリエイトとは
アフィリエイト広告の種類
MLM(ネットワークビジネス)とMLA(アフェリエイト)の違い
MLA(マルチレベルアフィリエイト)の収入の仕組み